イリノイ大学滞在記

2000.4 -- 2001.3

Campus living of S. Tsutsui at University of Illinois at Urbana-Champaign. (This page is written in Japanese)

遺伝的アルゴリズムの先駆的な研究で著名な Goldberg教授の研究室IlliGAL(Illinois Genetic Algorithms Laboratory)の客員研究員として 2000.4から,2001.3までの1年間イリノイ大学に滞在しました.イリノイ大学での研究や生活を写真を中心に紹介しています.


シカゴから車で約2時間半(約260キロ),延々と続くトウモロコシと大豆畑を見ながら南下するとここイリノイ大学のあるシャンペイン市/アバーナ市に到着する.

東に2時間ほどで自動車レースのインディー500でよく知られているインディアナ州インディアナポリス,西南に3時間ほど行くと,マグワイア選手のいるセントルイスカージナルスの本拠地であるミズーリ州セントルイスがある.

ここシャンペイン/アバーナまさにアメリカの大穀倉地帯の小さな町.大都市にはないアメリカらしいアメリカを味わえる落ち着いた街.大変気にいった.両市併せて,学生の数を除く人口が約10万人,学生の数が約3万5千人というから何らかの形で大学に関係した人といえる.市街は閑静な住宅街.



目次
CONTENTS
  1. イリノイ大学滞在記(ファジィ学会2001年4月号掲載記事より)
  2. キャンパス紹介 (Campas of Univ. of Illinois)
  3. 研究 (Research Activities)
  4. シャンペイン/アバーナでの生活 (Living in Champaign/Urbana)
    1. 住宅風景 (Housing)
    2. アメリカでの家庭菜園 (Vegetable growing)
    3. 街の風景 (at town)
  5. 近隣紀行(Visiting to neighboring areas)
    1. 農家を訪問して (Visiting a corn farmer)
    2. アーミッシュ村を訪問して(Visiting Illinois Amish)
    3. シカゴ (Chicago)
    4. スプリングフィールド (Springfield)
    5. セントルイス (St. Louis)
  6. ドライブ (Car travel)
    1. ナイアガラの旅3000Km (Niagara falls)
    2. ニューヨーク・ワシントンDC3200Km (New York & Washington, DC)
  7. 随想 (Essays)   
    1. アメリカの底力--今も続く移民力--
    2. アメリカでいつも最新のパソコンを使い続ける方法?
    3. コロンブスデー(工事中)
    4. 20世紀の日本が後世に残せる文化遺産は?(工事中)